kintone(キントーン)操作体験会を開催しました。

こんにちは、佐藤です( ◠‿◠ )

ここ数日で仙台はようやく夏らしいお天気になってきました。

今年の夏はビアガーデンに行ってジンギスカンが食べたいです!

 

 

さて、6月27日に kintone操作体験会 in 仙台を開催しました。

今回もたくさんの方にお越しいただき、本当にうれしい限りです!

36267557_1448353968603947_7159775044380393472_o

 

■セミナープログラム

1 はじめの一歩    <キントーン基礎入門編> (20分)

2 キントーン操作体験     <前編>     (45分)

3 キントーン操作体験     <後編>     (45分)

 

・・・

 

1部でお話しいただいたサイボウズの安斎さんは、この日がスピーカーデビュー!

DSC_0037

kintoneがどんなものか、kintoneでどんなことが解決できるのか分かりやすくご紹介いただきました。

時間通りにぴったり終わって素敵でした!

(私が初めてスピーカーをした時は15分も早く終わってしまいました・・(゜_゜))

 

・・・

 

2・3部では、私佐藤が参加者の皆さんと一緒にkintoneを操作しながら、3つのアプリを作成しました。

 

作成したアプリは 「顧客リストアプリ」「日報アプリ」「案件管理アプリ」です。

kintoneにはアプリの作成方法が3つあり、今回は「アプリストアから作成する方法」「はじめから作る方法」で作成しました。

顧客リストはデータの取り込みをCSVファイルから行ったので、下の図の②に近いことも体験していただけました◎ (Excelファイルからの読み込みも可能です。)

50

 

顧客リストアプリと案件管理アプリは「ルックアップフィールド」と、「関連レコード一覧フィールド」を使って、「アプリ間連携」を設定しました。

◇案件管理アプリでは、顧客リストのデータをルックアップ機能を利用して入力します。

68
ルックアップを設定した案件管理アプリ

◇顧客リストでは、「関連レコード一覧」を使って案件管理の内容を参照しています。

下の方に「案件管理」と書いた青い部分が関連レコードで表示している部分です。

69

せっかくkintoneで情報を一元管理するので、関連する情報は1か所に集約できるとより便利ですよね。

案件履歴だけではなく、「問い合わせアプリ」や「見積アプリ」などのほかのアプリも紐づけをしておくことで顧客リストに情報が集約されるようになるので、大変お勧めな機能です◎

 

最後に「一覧」「グラフ」の2つの設定です。

↓こちらが案件管理アプリに設定した「製品別売り上げ見込み」グラフです。

製品の確度ごとにそれぞれの製品の見込み額を表示しています。

この辺の数字は日々変わっていくので、いつでもリアルタイムの数字を見ることができますね:-)

54

 

今回は上記3つのアプリの作成を一緒に行いましたが、kintoneの魅力はフォームの作り方やアプリの設計次第で他の様々な用途にも活用できるところです。

参加者のみなさんには、他のアプリにも今回の内容を応用して使っていただけたら嬉しく思います。

 

アーセスでは1回/毎月 セミナーを開催しておりますので、ご興味がありましたらご参加をお待ちしております。

■セミナー情報

https://smartballoon.jp/kintone/category/seminar

 

52

 

51

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中