Myページが作れちゃう!~Form Bridge・kViewer連携お試し編~

みなさんこんにちは、佐藤です。

470

最近、「きのこいぬ」というマンガにハマっています。

きのこいぬが癒し系でかわいいので、是非読んでみてください(*’▽’)

 

 

 

今回のテーマは?

さて、最近は訪問ブログが多かったのですが、製品のお試しブログも頑張って続けていきます(*’▽’)

 

今回挑戦するのはForm BridgekViewerの連携です。

 

連携のお話をする前に、、みなさんはForm BridgekViewerはそれぞれご存知ですか?

 

▼Form Bridgeとは

kintoneはユーザーとして登録された人がkintoneに情報を書き込むことができるのですが、Form Bridgeを使うとkintoneのユーザーではない方も情報を登録することができます。

よくアンケートフォームやお問い合わせフォームをWeb上の公開しますよね。

Form BridgeもそんなイメージでWeb上にフォームを公開することができるサービスなんです💡

詳しい設定方法はこちらから。

 

▼kViewerとは

kintoneはユーザーとして登録された人がkintoneの中の情報を閲覧することができるのですが、kViewerを使うとkintoneのユーザーではない方も情報を閲覧することができます。

ただ、すべての情報を丸出しというわけではなく、このアプリのこの情報を見せたい!などと細かく見せる範囲を決めることが可能なサービスです。

詳しい設定方法はこちらから。

 

今回はこの2つの製品を組み合わせることで、「Myページ」の作成をします!

Myページを作成すると、kintoneユーザーではなくても、kintoneの中にある情報を閲覧・編集することが可能になります!

 

Myページを作成してみよう!

 

junbiundou_kata▼準備するもの

-kintone ※今回は顧客アプリ

-Form Bridge(プレミアムコース)

-kViewer(プレミアムコース)

 

まずはkintone。

今回はシンプルにこんな感じで作りましたよ。

471

 

 

続いてForm Bridgeの設定

Form Bridgeはフォームの追加をするとこういう画面が出てきますので、kintoneアプリのURLとAPIトークンは必ず入力してくださいね。

476.PNG

 

※APIトークンはkintoneの顧客アプリから生成します。

アプリの設定で「APIトークン」を選択。

472

 

 

【生成する】ボタンを押すとkintoneが勝手に作ってくれますよ~◎

この時に、「レコード追加」に必ずチェックを入れてあげてください。

473.PNG

 

 

あっという間にForm Bridgeの公開フォームができました!

500

 

 

 

ここからはkViewerの設定を行いましょう!

ホーム画面で+ボタンを押すと作成するビューの種類を選ぶことができます。

今回使うのは「Myページビュー」です。

480

 

先程のForm Bridgeと同じようにkintoneアプリのURLとAPIトークンを入力し、作成。

481.PNG

 

 

kViewerの設定画面に入り、「フォームブリッジ」というメニューを選択します。

ここでは、「フォームブリッジと連携する」にチェックし、「フォームのURL」には先程作成したページのURLを入力します。

484.PNG

 

ここまでの設定が完了すれば、あとは保存をかけてあげるだけでMyページの作成が完了となります。

 

できあがったページを確認してみる。

 

こちらが公開されたMyページとなります。

kintoneのレコード1件分=Myページ1ページ分として公開され、それぞれにユニークなURLが割り振られます。

kintoneにアクセスしなくても、アプリの中身が見れてますね。

509.PNG

えんぴつマークボタンを押すと、情報の編集ができます。

 

今度はForm Bridgeの画面に切替わりましたね。

490.PNG

 

kintoneの中の情報がちゃんと書き換えられるか確認してみましょう。

担当者名を変えて「回答」。

492

 

kintoneの顧客アプリを見てみると・・・

わ、kintoneの情報がしっかり変わっていますよ!!

494.PNG

 

 

kViewerでMyページのURLはどんな風に持っているの?

 

kViewerで今回作成した「顧客アプリMyページ」の詳細をクリックします。

 

スクリーンショット (70).png

 

今度は画面右側におめめのマークが出ますので、こちらをクリック。

506

 

レコードごとのMyページのURLが表示されました。

507.PNG

青い文字はリンクになっていますので、クリックして直接Myページに遷移するか、レコード番号、kintoneURL、MyページURLをCSVで一括書き出しが可能です!

 

 

 

495

 

今回も簡単に設定できてしまいました!

「連携」と聞くと難しそうですが、やってみると意外と簡単でしたね!

以上、佐藤でした~(^ω^)

 

東北コピー販売様訪問レポート!

みなさん、こんにちは。佐藤です(^ω^)

前回のグレープシティさんの訪問レポートに続き、今回は福島県の東北コピー販売株式会社さんにお邪魔してきました~!

 

東北コピーさんは、kintoneすっっっっごく活用されています。

しかもほぼ標準機能でkintoneを使い倒しています。

会社のことやkintoneの活用のこと、いろいろ聞いてきました!

 

東北コピーさんってどんな会社なの?

東北コピー販売さんは福島県にある複合機をはじめとする画像機器やIT製品を扱っているサイボウズ社のパートナー企業です。

元々はサイボウズOfficeのユーザーで、現在はkintoneとGaroonのユーザーでもあります。

今年の3月に仙台で開催されたkintone hive2018で社長の高橋さんが登壇され、今大注目の企業です。

kintone hiveでの高橋さんのレポートはこちらから。

 

紙であふれた仕事場

現在はkintoneを活用されている東北コピー販売さんですが、その前にはカスタムアプリを利用されていました。

そして、カスタムアプリを導入されるもう少し前はすべてで管理。

拠点が本社のある福島市と郡山の2か所あるのですが、郡山の方が福島本社へ業務報告するときは、紙の原本そのまま郵送するというのもしょっちゅう。

DSC_0097
セミナーで事例紹介をされる郡山営業所長の丹治さん

 

お客様が増え、販売する商材が増えたタイミングで、紙での管理をいつか脱出しなければと感じ、そのタイミングでシステム化を検討し始めたそうです。

また、今後IT商材を販売していくにあたり、社員の方それぞれがITに触れて慣れてほしいという思いもあり、システム化を後押し。

「カスタムアプリを導入して最初の1か月は、当時勤務していた事務の方と毎日夜中までいじってましたね。」

と話す高橋さん。

現在はkintoneに姿を変えて、複合機の導入時期やリース料金、納品後のフォローなどを一元管理しています。

また、ご自身はエンジニアではない為、プラグインを利用することで活用の幅を広げているのだとか。

 

話がそれるのですが、高橋さんはとにかくハマり性なんです。

kintoneやカスタムアプリは一日中操作しても飽きないらしいですし、学生時代はずーーーーっと空手に打ち込んで、社会人ではテコンドーオリンピック選考会に出場、ITが元々得意がと思いきや全然できなくて新卒では苦労されて、だけど退社するときにはPPTマスターと社内で呼ばれていて・・・。

なんというか、情熱がすごい方だと思いました(笑)

 

kintoneを導入して変わったの?

 

変わったことは大きく2点あるそうです。

1つ目は業務処理量が圧倒的に減ったこと。

2つ目は社員の方が、お客様の状況を見ながら自社のシステムを生かせるのではないかと思ってくれるようになったこと。

 

1つ目は私も前職が紙文化が根強い会社だったので、すごくよくわかります。。

Excelで情報がバラバラだったり、誰かの頭の中に溜め込まれている情報が多いと、転記するときに間違ったり、情報を収集するのに手間がかかったりするんですよね。

印刷物の管理にもすごく時間がかかって大変だった思い出があります。

 

2つ目はパートナー企業ならではだなと思います。

私も社内のあのアプリを見せたいな~とお客様先で思うことがあります。

自分で使っていると人にもオススメしやすいですね。

社員の方が自分の業務改善をして、お客様の業務も改善できると。

 

そして、これから

 

いよいよkintoneを導入して4年目に差し掛かります。

「自分たちの知らないところでどんどん物が売れていく時代がきている。それに対して何ができるかを考えたときに、もっとお客様とコミュニケーションをとってファンになっていただくことだなと思いました。

お客様にもっとたくさん情報を届けて、自分たちの存在価値を高めていくことが今一番求められているのかなと思います。

また、社員それぞれがkintoneを使って自分たちの業務改善をすることで、お客様の業務改善にも繋がっていけばいいなと思っています。」

 

1538534640510
高橋社長と社員の皆さん

 

東北コピー販売の皆さん、ご協力ありがとうございました!!

 

 

最後にお知らせがあります!

10月29日(月)に福島市のウェデングエルティにて東北コピー販売様主催のイベント「TCS2018 Autumn New Work Style~今から始める業務改善~」が開催されます。

東北コピー販売さん社内の業務改善事例やサイボウズ社、その他連携するサービスの展示が多数あるそうですので、是非足をお運びください!(^^)!

ブログでは書ききれないkintoneの活用について聞いていただける機会になるかと思います。

弊社もプラグインを展示予定ですので、ぜひ会いに来てくださいね!

 

201801061218426051