Myページが作れちゃう!~Form Bridge・kViewer連携お試し編~

みなさんこんにちは、佐藤です。

470

最近、「きのこいぬ」というマンガにハマっています。

きのこいぬが癒し系でかわいいので、是非読んでみてください(*’▽’)

 

 

 

今回のテーマは?

さて、最近は訪問ブログが多かったのですが、製品のお試しブログも頑張って続けていきます(*’▽’)

 

今回挑戦するのはForm BridgekViewerの連携です。

 

連携のお話をする前に、、みなさんはForm BridgekViewerはそれぞれご存知ですか?

 

▼Form Bridgeとは

kintoneはユーザーとして登録された人がkintoneに情報を書き込むことができるのですが、Form Bridgeを使うとkintoneのユーザーではない方も情報を登録することができます。

よくアンケートフォームやお問い合わせフォームをWeb上の公開しますよね。

Form BridgeもそんなイメージでWeb上にフォームを公開することができるサービスなんです💡

詳しい設定方法はこちらから。

 

▼kViewerとは

kintoneはユーザーとして登録された人がkintoneの中の情報を閲覧することができるのですが、kViewerを使うとkintoneのユーザーではない方も情報を閲覧することができます。

ただ、すべての情報を丸出しというわけではなく、このアプリのこの情報を見せたい!などと細かく見せる範囲を決めることが可能なサービスです。

詳しい設定方法はこちらから。

 

今回はこの2つの製品を組み合わせることで、「Myページ」の作成をします!

Myページを作成すると、kintoneユーザーではなくても、kintoneの中にある情報を閲覧・編集することが可能になります!

 

Myページを作成してみよう!

 

junbiundou_kata▼準備するもの

-kintone ※今回は顧客アプリ

-Form Bridge(プレミアムコース)

-kViewer(プレミアムコース)

 

まずはkintone。

今回はシンプルにこんな感じで作りましたよ。

471

 

 

続いてForm Bridgeの設定

Form Bridgeはフォームの追加をするとこういう画面が出てきますので、kintoneアプリのURLとAPIトークンは必ず入力してくださいね。

476.PNG

 

※APIトークンはkintoneの顧客アプリから生成します。

アプリの設定で「APIトークン」を選択。

472

 

 

【生成する】ボタンを押すとkintoneが勝手に作ってくれますよ~◎

この時に、「レコード追加」に必ずチェックを入れてあげてください。

473.PNG

 

 

あっという間にForm Bridgeの公開フォームができました!

500

 

 

 

ここからはkViewerの設定を行いましょう!

ホーム画面で+ボタンを押すと作成するビューの種類を選ぶことができます。

今回使うのは「Myページビュー」です。

480

 

先程のForm Bridgeと同じようにkintoneアプリのURLとAPIトークンを入力し、作成。

481.PNG

 

 

kViewerの設定画面に入り、「フォームブリッジ」というメニューを選択します。

ここでは、「フォームブリッジと連携する」にチェックし、「フォームのURL」には先程作成したページのURLを入力します。

484.PNG

 

ここまでの設定が完了すれば、あとは保存をかけてあげるだけでMyページの作成が完了となります。

 

できあがったページを確認してみる。

 

こちらが公開されたMyページとなります。

kintoneのレコード1件分=Myページ1ページ分として公開され、それぞれにユニークなURLが割り振られます。

kintoneにアクセスしなくても、アプリの中身が見れてますね。

509.PNG

えんぴつマークボタンを押すと、情報の編集ができます。

 

今度はForm Bridgeの画面に切替わりましたね。

490.PNG

 

kintoneの中の情報がちゃんと書き換えられるか確認してみましょう。

担当者名を変えて「回答」。

492

 

kintoneの顧客アプリを見てみると・・・

わ、kintoneの情報がしっかり変わっていますよ!!

494.PNG

 

 

kViewerでMyページのURLはどんな風に持っているの?

 

kViewerで今回作成した「顧客アプリMyページ」の詳細をクリックします。

 

スクリーンショット (70).png

 

今度は画面右側におめめのマークが出ますので、こちらをクリック。

506

 

レコードごとのMyページのURLが表示されました。

507.PNG

青い文字はリンクになっていますので、クリックして直接Myページに遷移するか、レコード番号、kintoneURL、MyページURLをCSVで一括書き出しが可能です!

 

 

 

495

 

今回も簡単に設定できてしまいました!

「連携」と聞くと難しそうですが、やってみると意外と簡単でしたね!

以上、佐藤でした~(^ω^)

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中