KANBAN(タスク管理プラグイン)がもっと便利になりました!

こんにちは、佐藤です。

先日東京に行く機会があったのですが、

行きも帰りも新幹線で牛タン弁当を食べちゃいました。

お弁当の箱からひもが出ていて、

引っ張って3分くらい待つとホカホカの牛タン弁当が食べられるんです💡

仙台にお越しの際は是非食べてみてくださいね♪

さて、今日はカンバン管理のお話です。

カンバン管理といえばTOYOTAさんで生産管理に活用されていて、

最近では海外でも「Kanban Method」で通じてしまうくらい有名な

タスクの管理方法ですよね。

アーセスでは、カンバン方式でタスクの管理ができる

KANBAN(タスク管理プラグイン)🔗」を2017年にリリースしました。

1月28日にバージョンアップを行い、機能追加を行いましたので、

そのご紹介と、より便利にするヒントをご紹介します💡

KANBAN(タスク管理プラグイン)Ver 2.1.0 新機能

新しく追加された機能は、リストごとのカード枚数を表示する機能と、
リストごとの数値フィールドの合計値を表示する機能です🍀

今までのKANBANはリストごとに何枚のカードが所属しているか

なんとなくの量でのみ把握するものだったのですが、

新機能によって、リストごとのカードの枚数が分かるようになりました。

バージョンアップ前のKANBAN

また、各カードの数値フィールドの合計を

リストごとに表示できるようになりましたので、

ご紹介いたします^^

■カード枚数の表示方法

 プラグインの設定画面<表示オプションタブ>に

 新たに「リストの表示する項目のオプション」が追加されていますので、

 <カード枚数>にチェック。

プラグインとアプリを更新すると・・・

リスト名の横に所属するカードの枚数が表示されています!

■今度は数値フィールドの合計値の表示方法

 まずは、アプリに数値フィールドを1つ追加します。

 フィールド名は「金額」や「工数」、「数量」など数値に関わるものですね。

 今度はプラグインの設定画面、<フィールドの設定タブ>で

 「合計値算出用のフィールド」で、

 先程追加した数値フィールドを選択します。

<表示オプションの設定タブ>に移動して、合計値にチェックします。

プラグインとアプリの設定を保存したら、完了。

例えば、案件管理などで活用すると、

↓ステータスごとに金額が一目で分かるのでとっても便利ですよ。

(おまけ)もっと便利に使う為にはどうしたらいい?

①タスクを割り当てたときに、タスク担当者に通知を出す。

②特定のステータスになったら、部長に通知する。

新しくなったKANBAN、是非試してみてくださいね😊

kintoneで電話メモとToDoリストアプリをつくろう!

こんにちは、佐藤です。

お久しぶりですね。

少しばかり冬眠しておりまして、久々の投稿となってしまいました・・・

最近、お仕事の方では、営業のお仕事に加えて広報活動のお仕事が増えました💡

Facebook🔗Twitter🔗にたくさん情報をアップしていますので、チェックしてみてくださいね♪

ブログはなかなか更新できずだったのですが、

たくさんの方々に見ていただいていたようで、とても励みになりました♥

ありがとうございます!

さて、今回のテーマは「kintoneでグループウェアの機能を作ってみよう!」です。

挑戦するのは、「電話メモ」「ToDoリスト」です。

どちらもグループウェアの便利機能なので、kintoneでも使えたら超ラッキーですよね!

まずは電話メモアプリ

電話メモは、

「社内の伊藤さん宛に電話がきたけれど、伊藤さんが不在だわ。

さて、どうやって電話があったことを伝えましょう!」

という時に使える機能です。

こちらの画像のように伊藤さん宛に電話があったことを書き込むんですね。

そうすると、伊藤さんには「電話がありましたよ~」という通知が届きます。

確認ボタンを押して、電話を知らせた側の方に伝えることができるので、

「あの電話ちゃんと確認してくれた~?」

というやりとりをしなくて済むんです!

この機能をkintoneでも作っていきたいと思いま~す。

画面はこんな感じで作ってみました。

宛先は「ユーザー選択フィールド」を使わないと

通知の設定が効かなくなりますから注意が必要ですね💡

今度は通知の設定です。

宛先に指定された方に通知がされる必要がありますので、

レコードの条件通知の設定はこうしました。

宛先フィールドにEveryone(誰かしら)が登録された際に、

宛先フィールドの人に通知をする。

これでうまくいきました(/・ω・)/

「未確認一覧」を作成してあげることで、

未確認の電話メモがすぐに分かりやすくなりますね!

今度はToDoリストアプリ

ToDoリストはパソコンの横にペタペタ貼る付箋に近いですね。

ToDo(やること)を登録しておいて、

それらのステータスを見える化してくれるものです。

今回は個人のタスクを管理できる サイボウズOffice に寄せて作ってみます。

余談ですが、Garoonは「スペース」の中に共有ToDoというものを作れて、

チームのみんなとタスクの進捗状況の共有ができます。

(わたしは共有ToDoだいすき!)

画面はこんな感じで作りました。

サイボウズOfficeは自分のタスクしか見ることができませんので、

このアプリのレコードも自分(ログインユーザー)のみ閲覧できるものにします。

レコードのアクセス権で、Everyoneからはすべてのチェックを外し、

作成者にすべてのチェックをつけてあげると良さそうですね。

ToDoの未完了一覧を作成してあげるとより便利に活用できそうです◎ 

ポータルにアプリを貼り付けることで、

グループウェアのような使い方もできますね♪

いつもはプラグインや連携製品のお試しばかりなのですが、

kintoneの標準機能でもここまでできるとは・・・!

ち な み に・・・

ToDoリストアプリはアーセスのKANBAN(タスク管理プラグイン)を使うと、

より視覚的にタスクを管理できるので、とってもおススメですよ♪

■KANBAN(タスク管理プラグイン)

https://smartballoon.jp/kintone/plugins/taskmanagement

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

また次回お会いしましょう( ◠‿◠ )