【導入事例】箪笥の製造工程をKANBANで可視化 -株式会社門間箪笥店様-

株式会社門間箪笥店様は、 宮城県仙台市で明治5年から仙台箪笥を作り続けて140年以上にもなる老舗企業です。 2011年から7代目となる門間一泰氏が家業を継ぎ、家具とのコラボレーションや海外への進出を始めています。

時代の流れとともに事業に変化が求められるようになりましたが、代々継承してきた伝統を守りたいという強い思いがありました。

今回は同社が事業を転換していくにあたりぶつかった課題や、アーセスのKANBANを導入する際のエピソードについて事例記事でご紹介しています。

工房で箪笥を製造する際の進捗をKANBANを利用して管理することで、普段はPCを利用しない方でも簡単に操作することができるようになりました。 またKANBANを中心として、お客様へのサポートや部門間のコミュニケーションを活発にするなど、大きく広がりを見せた点にもご注目ください。

◎利用している部門
・営業部門
・箪笥の製造部門

◎利用している業務
・箪笥の製造工程の進捗管理

▼門間箪笥店様のKANBAN導入事例はこちらから
  https://smartballoon.jp/kintone/case-studies/monmaya